ユングサロン 2020年度通期テ-マ「ものからの見られ方」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 

 今年度の通期テーマは、2019年後期「ものの見方」へのリプライとなる「ものからの見られ方」です。

 私たちは通常、自分が主体であり、客体であるものを様々な捉え方で見ていると考えがちです。しかし私たちは、別の主体側から見れば一つの客体であるし、客体と思われていたものが実は私たちにとっての主体であったりすることもあります。実際のところ、主体も客体も、様々なモノが関係している網目の中ではじめて浮かび上がってくるような存在なのでしょう。

 例えば、ニュージーランド原住民のマオリ族の伝統的な信仰では、品物にはハウと呼ばれる精霊が宿っています。誰かが贈り物をすると、その物に宿るハウが受け取った人に対し、他の誰かに贈り物をするよう駆り立てると考えられています。

 我々は自分のことを、自由に経済的行為をする主体だと思っていますが、実は、マルクスの言う物神的なるものに突き動かされる客体です。ユング心理学における個性化過程論も、私たちの自我が主体であるという認識から、実はそれが本来的な心の中心「自己」の客体にすぎないのだという、主客逆転の気づきに基づいています。

 私たちはいかにしてものから見られ、客体となるのか。

 

 こうした視点をもって、様々な事象について考えていきたいと思います。 

---------------------------------------------------------

※事前のお申込みは不要ですが、初めて参加される方は、下記事前受付登録にご協力お願いします。

   PCの方

   スマホの方

   携帯の方


■演題:「ニンゲン」から見える人間のあり方

     〜 『貝がらの森』が織りなす人と世界の存在論 〜

 

■開催日:2月20日(木)  19:00~21:00 (開場は18:45)

 

■講師メッセージ

 『貝がらの森』は、2013年11月に毎日新聞大阪本社版『読んであげて 広げよう おはなしの輪』にて連載された挿絵付きの童話です。このたび、これを加筆修正した単行本が2019年11月に出版されました。女子中学生の「夢」が、小学生の頃に行ったことのある不思議な世界「貝がらの森」での記憶を取り戻し、そこでの体験を友人に語ってゆくというお話です。

 夢は「貝がらの森」に迷い込むことで、キツネの姿に変わってしまいます。夢は、キツネとして生きるあり方を探す旅のなかで、ひとつ目小僧や烏天狗などさまざまな妖怪たちと出会いながら、この不思議な世界に関わっていくことになります。この「貝がらの森」には人間がおらず、夢が人間についての話をしても、それは奇妙な化け物「ニンゲン」の話として受け取られます。

 今期第一回となるユングサロンでは、『貝がらの森』作者のなかひらまい氏と、単行本に解説文を寄せている当研究会会長代行の白田信重氏とのパネルトークを通して、『貝がらの森』に描かれた新たな「ものからの見られ方」について考えていきたいと思います。

 

 主人公である夢は、この不思議な世界の旅を通して、何を得たのでしょうか。私にはそれをうまく言い表す言葉が思いつかないのです。ただ、この物語が終わることで、この現実世界は単なる現実の世界ではなく、不思議な世界と重なり合う世界に変貌しています。「風の魚」は、気づくことさえできれば、この世界にもいるのです。夢は、思い出した記憶とともに、この現実世界の日常を新たに生きていくことになります。それは重苦しかった日々とは、また少し違ったものになることでしょう。(『貝がらの森』白田信重・作品解説より)

 

■講師

なかひら まい (画家・作家・ユング心理学研究会理事・多摩美術家協会会員)

 1970年生まれ。セツ・モードセミナー卒業。2005年12月『スプーと死者の森のおばあちゃん』で作家デビュー。この『スプーの日記』シリーズは好評で3巻まで出版される。2010年12月には和歌山県に伝わる古代女王伝承についてのドキュメンタリー『名草戸畔(なぐさとべ)古代紀国の女王伝説』を発表、2018年には同著の増補改訂三版もリリースされ、古代史や伝承の研究者として広く知られる。2018年より多摩美術家協会会員。2019年11月『貝がらの森』を出版。絵画制作、創作・ルポルタージュ・イラストレーションを通して日夜、独自の視点でモノノケの世界の本質を探求している。

HP:http://studiomog.ne.jp/nakahira/

 

白田信重(ユング心理学研究会会長代行)

早稲田大学商学部卒。浅草の老舗石材店「白田石材店」の四代目・代表取締役社長。ユング心理学研究会会長代行で、ユングの著作を読み進める「ユングスタディ」企画の進行役。

 

■会場:中野区産業振興センター 

■会費:2000円 ※参加費は当日受付にてお支払いください。

■問い合わせ先: jungtokyo_info@yahoo.co.jp(研究会事務局)

 

※セミナー時に撮影した写真を当研究会のホームページやFacebook等のソーシャルメディアに公開する場合があります。あらかじめご了承ください。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ユングスタディ 2020年度   ※事前の申し込みが必■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


 

タイトル:ユング『分析心理学セミナー』を読む(全10回)

 

 今年度のユングスタディでは、ユングによる英語での最初のセミナーの記録である『分析心理学セミナー』(1925年)を読み進めます。ユングの思想の原点から話が始まるこのセミナーでは、フロイトとの関係、タイプ論の応用、アートの本質についての議論、『赤の書』のイメージについての自らの解釈、アニマ・アニムスに関連する文学作品の読解など、多岐にわたる豊富な話題が取り上げられます。ユング心理学への手引き書であると同時に、ユング心理学のエッセンスに直接に触れることのできる、厚みのあるテキストです。

 

 講読テキスト:

  C.G.ユング『分析心理学セミナー』 横山博監訳、みすず書房、2019.10 

 

 参照テキスト:

  C.G.Jung, Introduction to Jungian Psychology: 

     Notes of the Seminar on Analytical Psychology Given in 1925,

     Princeton Univ Pr; Revised  (2011.12)

  C.G.ユング『分析心理学セミナー1925』 河合俊雄監訳、創元社、2019.6

 

 みすず書房版の邦訳テキストを主として読み進めながら、適宜、英語原文や創元社版の邦訳も参照していきます。テキストを手元に持っていない、読んでいない方でも、資料を配布しますので参加可能です。

 開催日は原則として第1木曜日ですが、月初めに連休のある5月のみ第2木曜日の予定です。その他各種事情により急な変更をする場合がありますので、当研究会HPやfacebook等にてよろしくご確認の上ご参加ください。

 

       進行役:白田信重、岩田明子、山口正男(ユング心理学研究会)

 

 

■日程

 第1回:2月6日(木)済

 第2回:3月5日(木)

 第3回:4月2日(木)予定 

 第4回:5月14日(木)予定

 

■19:00 ~ 21:00 (開場18:45)

 

 テキストを持っていない、読んでいない方でも、資料を配布しますので参加可能です。また、開催日は原則として第1木曜日ですが、各種事情により急な変更をする場合がありますので、よろしくご確認の上ご参加ください。

 

      進行役:白田信重、山口正男、岩田明子(ユング心理学研究会)

 

■ 会場:nakano f(ナカノエフ)東京都中野区中野5-46-10 J'sコート1・2階

       中野駅北口徒歩5分(地図参照)

■ 会費:1,500円(会場費1,000円、資料代500円)

■ 主催:ユング心理学研究会 http://jung2012.jimdo.com/

■ 問い合わせ:研究会事務局 jungtokyo_info@yahoo.co.jp

 

※ 資料準備の都合等から、事前の参加申し込みが必要です。

※ セミナー時に撮影した写真を当研究会のホームページやFacebook等のソーシャルメディアに公開する場合があります。あらかじめご了承ください。

 

 

第1回

第2回 

第3回

第4回

シェアしてね